中国語や英語の翻訳でスムーズなコミュニケーション│会社の選び方

オフィス

多彩な翻訳内容

パソコン

翻訳を行なう際に、マニュアルの翻訳が必要になることがあります。マニュアルの翻訳は、技術者に向けてのものなのか、一般的な利用者が読むものなのかによって、文章の内容が大きく変わることも多いものです。また、このマニュアルは社内の資料なのか、プレゼンテーションなのか、一般に公表するものなのかによっても翻訳の内容が大きく異なります。マニュアル翻訳を業者に依頼するには、マニュアルの内容に忠実な翻訳が欲しいのか、それとも一般に向けてわかりやすい意訳が欲しいのか明確にしていくことが大切です。翻訳会社によっては、原文に忠実な翻訳のみという所もあります。わかりやすい意訳の翻訳が必要という場合は、まずは業者に相談して対応できるのか確認していくことが大切です。

マニュアル翻訳で大切なのが、中で利用されている用語の一貫性です。同じ単語でも表記や表現が異なってしまうと、使いにくいだけでなく、誤解を招いてしまうこともあります。そのため、ある程度用語の指定を行なっていくということや、ルールを設けてその中で翻訳してもらうということが大切です。また、マニュアル翻訳はそのまま印刷され使われることも多いものです。どのようなアプリケーションに対応しているのか等についても確認を行ないましょう。マニュアル翻訳を行なう際には、多くのマニュアル実績のある会社に依頼をすることで、様々な要望に対応を行なってくれます。まずは業者に相談を行なっていきましょう。